みんなの「作ってみた」

スマホゲームの個人開発でやっていること

2018/07/29

all-of-ppp
all-of-ppp
プライベートで使ってゲームアプリ作ってます。 公開したアプリタイトル ☆スリップパズル ~あざらしがリンゴを求めて~ ☆おしゅしだよ 〜ぱずるやりゅよっ〜

個人でスマホゲームの開発しました。
普段どうしてるか、何を使って開発してるか紹介です。

まずはゲーム紹介

おしゅしだよ ~ぱずるやりゅよっ~
image.png  

スリップパズル ~あざらしがリンゴを求めて~
image.png  

普段気を付けていること

15分でもいいから必ず触る

仕事と違い、個人開発ではモチベーションがとても問題になります。
2,3日触らないだけで、次触るのが億劫になっていつの間にか開発終了したりします。
15分あれば、数1つ作れる、1ステージ分のデータ作れる、くらいポジティブに短い時間でもやるように気を付けてます。

週1回は仲間と会う

デザイナーと共同で作っているので、週1くらいのペースで必ず会っています。
打ち合わせ出来るだけでなく、お互いにモチベーションを保つ意味でも有効です。
この時間あるなら作りたい、と思ってもこの時間は大事にしてます。

使ったツール/ライブラリ

cocos2d-x

http://cocos2d-x.org/

バージョンは3.16です。
流行りのUnityではなくcocos2d-xでやってます。
個人でサクッと作りたい時とかはcocos2d-xの方がお手軽かと思います。

Particle2dx

http://particle2dx.com/

cocos2d-xでパーティクルを作るためのツールです。
無料で簡単にパーティクルを作れるのがウリです。

bitbucket

https://ja.atlassian.com/software/bitbucket

Gitリポジトリです。
bitbucketは、GitHubと比べてPrivateリポジトリが無料で作れるメリットがあります。

sqlite

https://www.sqlite.org/index.html

端末内でファイルベースのRDBが使えます。

クライアントはDB Browser for SQLiteを使ってます。
自分が使った中で一番使いやすいクライアントでした。

PhotoShop

https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

ド定番の画像編集ソフト。
月額でお金かかります。
自分はデザイナーと共同で作ってもらっているのですが、
ちょっとした手直しなどに使うときがあります。

Animate (旧Flash professional)

https://www.adobe.com/jp/products/animate.html

ゲーム内で画像に複雑な動きを付けたりするためのソフト。(今だにフラッシュって呼んでます。)
こちらも月額でお金かかります。
こちらはデザイナーの方が使ってます。

LWF

http://lwf-users.org/index.php?title=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

Animateで作ったファイルを読み込んでゲームに出力するライブラリです。
制限はそこそこあるのですが、割と簡単に出力できるので、個人開発レベルなら進められます。

Optimizilla

https://imagecompressor.com/ja/

画像の減色をするツールです。
使う色の数を減らしてファイルサイズを節約できます。
色の数を少なくしすぎなければ、ほぼ劣化は気にならないのでやったほうがいいです。(自分はトータルで10MB弱節約できました。)

ShoeBox

http://renderhjs.net/shoebox/

画像のスプライトシートを作るツールです。

MP3Gain

http://mp3gain.sourceforge.net/

音声ファイルの音量を一定に揃えられます。
フリーの音源を頂戴すると、基本の音量が合ってないことが多いので、重宝します。

Scirocco Cloud

http://www.scirocco-cloud.com/

クラウドで実機テストができます。
フリープランではあまり実機の種類を選べないので、使う機会はないです。
フリープランでも、アンケートに答えれば1時間限定でどんな機種も選べるようになります。(今は)
もしも特定端末でテストしたいことがあったら使ってみる、くらい。

広告

  • AdMob
  • Nend
  • i-mobile
  • maio

AdMobはクリック単価が高めです。
メディエーションが使えるので、気になる広告配信会社を追加することも出来ます。
動画広告については、AdMobはクリック報酬、maioは視聴完了報酬です。

宣伝関係

リリース前のアプリを事前登録できるサイトです。
リリース前に少しでも宣伝できるので、使わない手はないです。

アプリのレビューやプレスリリースを紹介してくれるサイトです。
レビュー依頼を出して記載してもらうのですが、100%記載してもらえるわけではないです。むしろ記載されない方が濃厚なので、あまり期待せずに送ってます。
Applivは比較的載せてくれる印象です。

最後に

次はASO対策をちゃんとやりたいと思ってる。
何か他にも知りたいことあればできる範囲で答えます。